オフショアジギング

【釣果が変わる】アシストフックのセッティング「日本海ジギング用」

ジギングで青物を掛けるのに最も重要なパーツであるアシストフック。

様々な形状のジグがあるなかで、ジグにアシストフックをマッチさせる!ということが釣果に大きく左右してきます

初心者のうちは、フロントとリア両方にバラバラな大きさや長さのダブルフックを付けたり、「ジグは変えるど、アシストフックは変えない」という方が多いです。

これは非常にもったいない!

ちゃんとした正しいセッティングをすることで、

もっと釣れる可能性が高くなります!

ここでは、日本海での青物狙いのジグに対して、どのようにアシストフックを選べばいいか見ていきましょう。

アシストフックの基本的な選び方

ここでは基本中の基本になるアシストフックの選び方を見ていきましょう。

アシストフックの長さ

ブリなどの青物は、ベイトの頭を狙って食いついてくるので、ブリ狙いの場合にはジグの長さの1/3ぐらいを目安に長さを選びます。

アシストフックの大きさ

基本的にジグを抱いてしまわない大きさで選びます。ジグの1/3当たりの太さより大きいサイズを選びましょう。

アシストラインの硬さ

基本的には硬くて張りのあるラインのほうがジグと絡みにくくて良いんですが、細身のロングジグやスロージギングで使う場合は柔らかくてもOKです。

フックの数は?

  • ジグの動きを最大限に生かしたいなら、抵抗の少ないフロントのみ(シングルフック)
  • フッキング率を上げたい! 掛け重視なら、フロントのみのダブルフック
  • フォール重視ならフロント+リアフックも付けたほうが良い

基本的には上記に書いたことを基準に選ぶと良いですが、使うジグの形状しゃくり方によっても選び方は変わってきます。

日本海のジギングでよく使うジグの形状

日本海でよく使う代表的なジグの形状は

  • 波動を起こさせるために幅を持たせたジグ
  • スライド幅が大きいロングジグ
  • 沈下スピードの速いセミロングジグ
  • ゆっくりしたフォールでアピールするジグ
  • 早いワンピッチがしやすいショートジグ

などがあります。

オススメなアシストフックのセッティング

ここでは、日本海でよく使う形状のジグに合わせたアシストフックのセッティングを見ていきましょう。

波動を起こさせるために幅を持たせたジグ

このタイプのジグはほぼセンターバランスで、センター部分に幅を持たせている形状のものが多いです。

アシストフックの針は大きめのものを選び、アシストラインは柔らかいと”針がジグの頭からすっぽり入って抱いてしまう”ことが多くなるので、硬めで張りのあるものを選んだほうが良いです。

フロントにシングルのみ!長さはジグの1/3程度でOK!

スライド幅が大きいロングジグ

スライド幅が大きいロングジグといえば、「ダンシングマジック」や「Sジグ」などが有名ですよね。

アルミや樹脂でできているため、鉛と同じ重さでもかなり大きいです。

このタイプのジグはスライド幅が大きいので、テール側が頭と思いリアにバイトすることが多くなります

通常の鉛のジグよりボディーがそうとう大きいので、アシストフックの長さはジグの1/4か1/5程度でOK!

フロントにシングル、リアもシングルフックにしておくとヒット率が上がりますよ。

沈下スピードの速いセミロングジグ

セミロングジグは細身の形状のものが多く針がジグの抱きつきにくいので、針はジグの幅より大きければOK!

アシストラインもそこまで張りがあるやつじゃなくても大丈夫です。

長さはジグの1/4程度、フロントのみシングルもしくはフロントのみダブルにセッティングしておくと良いでしょう。

ゆっくりしたフォールでアピールするジグ

このタイプのジグは、横を向いた状態でヒラヒラ(キラキラさせながら)ゆっくり魚にアピールしながら落ちていくことを理想としていますので、フロントとリアにバランス良くアシストフックを付けなければ理想とする動きが出せません。

この場合、長さはジグの1/3ほどでフロントとリア共に同じ長さと針の大きさに。フロントのみ張りのあるアシストラインにするほうがいいでしょう。

早いワンピッチがしやすいショートジグ

このタイプのジグは、厚みあるけど幅は無い形状のものが多いので、少し小さい針を使うことができます。

針が小さいと強度が心配な場合はダブルフックにすると良いでしょう。

このタイプも1/3程度の長さでフロントのみシングル、対象魚が大きい時はダブルフックにしましょう。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

まとめ

今回は、アシストフックのセッティングについて解説しました。

基本はフロントのみシングルフック!

針のサイズは、今その海域で釣れている最大サイズを想定して決めるのが理想です。

もし、今まで適当にアシストフックをセッティングしていたのなら、このサイトを参考にしてもらえると嬉しいです。

[su_label type="black"]関連記事[/su_label]

オフショアジギングで準備する道具!必要な物と便利な小物まとめ

オフショアジギングが初めての場合、 「何を持っていったらいいか分からない…」 「準備する道具は聞いたけど、ほんとにこれだ ...

-オフショアジギング